国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

イオン、傘下の不正会計響き減益

中間決算、64・1%減

 イオンが9日発表した2019年8月中間連結決算は純利益が前期比64・1%減の37億円だった。傘下企業で判明した過去の不正会計問題による修正額を一括計上したことが響いた。

 売上高に当たる営業収益は0・6%増の4兆2902億円で過去最高を更新した。本業のもうけを示す営業利益は3・9%減の863億円だった。ドラッグストアやモール事業は好調だったが、総合スーパーや食品スーパーは7月に雨が多かった影響で不振だった。

 不正会計は家事支援などを手掛けるカジタク(東京)で発覚した。この問題の影響額がなければ純利益は10・9%増の117億円で増益を確保していたとしている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る