国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

総務省キャリア官僚が過労自殺か

遺族が公務災害を申請

 総務省のキャリア官僚だった男性=当時(31)=が2014年3月に自殺したのは、長時間労働が原因だとして、男性の両親が9日、同省に公務災害の認定を求める申請をした。代理人の川人博弁護士が明らかにした。公務災害は一般労働者の労災に当たる。

 東京都内で記者会見した川人弁護士によると、男性は14年に行われた消費税増税の対応などに忙殺された。13年11月の残業時間は135時間に達し、うつ病を発症した。

 9日の申し立てには鈴木茂樹事務次官らが対応した。謝罪の言葉を述べた上で「公務災害に認定されるように努める」という趣旨の説明があったという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る