国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

米LAで原爆被害訴える特別展

11月、オバマ氏の折り鶴も

 【ロサンゼルス共同】米西部ロサンゼルスの全米日系人博物館は、来年8月に原爆投下から75年を迎える広島、長崎での悲惨な被害を伝えようと、11月9日から来年6月7日まで、広島、長崎両市との共催で特別展「きのこ雲の下で 広島、長崎と原爆」を開催する。8日までに明らかにした。同館によると、原爆をテーマにした展覧会が開かれるのは1992年の開館以来初めて。

 借り受けて展示する資料の中にはオバマ前米大統領が2016年、現職大統領として広島を訪れた際に贈った自作の折り鶴もある。多くが西海岸で初めての展示とされ、映像と共に「きのこ雲」の下の出来事を多角的に紹介する。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る