国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

独検察当局、VWトップら起訴

株価操作と指摘

 【ベルリン共同】ドイツ検察当局は24日、同国自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題に絡み、株価の操作に関与したとして、ディース最高経営責任者(CEO)、監査役会のペッチュ会長、ウィンターコルン元会長の3人を起訴した。

 当局は3人が、株価の維持を狙って多額の経済的損失の公表を意図的に遅らせたと指摘した。

 問題は2015年9月に発覚した。ロイター通信によると、VWの株価は、問題発覚後に最大で37%下落した。ディース氏の弁護士は同氏が株価の下落を予見するのは不可能だったと述べ、CEOの職務を続けていくと強調した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る