国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

電流装置の設置ミス原因

福島第1原発構内のぼや

 東京電力は24日、福島第1原発構内の送電関連施設で7月に発生したぼやは、送電線から送られた電流の一部を地面に逃がす装置を設置していなかったことなどが原因だったと発表した。

 ぼやは7月25日午前9時半ごろ、5、6号機と送電線をつなぐ「開閉所」と呼ばれる施設で発生。煙は約30分で収まり、第1原発の廃炉作業に影響はなかった。

 東電によると、装置が設置されていなかったり、誤った場所に設置されていたりしたため、ケーブルを包んでいる被覆が帯電した際に電流を地面に逃がせなかった。このため、別の装置に電流が流れて発煙したとしている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る