国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

教職員退職手当、4億円支給漏れ

宮城県と仙台市

 宮城県と仙台市の教育委員会は24日、昨年度までの5年間に退職した県内の教職員の8%に当たる約760人に支給した退職手当が、本来より計約4億円少なかったと発表した。算定ミスが原因で、県は月内、市は11月までに、不足分を追加支給するとしている。

 支給漏れは、宮城県が約700人に約3億7千万円、仙台市が約60人に約3500万円。仙台市は、2017年度から退職手当支給などの業務を県から移管されている。

 対象者は、特別支援学校に勤務したり、小中学校の特別支援学級を担当したりしたことがある教職員。これらの勤務は通常より給与が上乗せされる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る