国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

米セブン店主らが都内で意見交換

「日本の現状見たい」

 米国でコンビニ「セブン―イレブン」を経営する加盟店店主でつくる団体の幹部らが来日し、24日に東京都内で日本国内のセブン店主らと意見交換した。米国でも人手不足により24時間営業が難しくなっており、幹部は「私たちは同じ課題に直面している。日本の現状を見たい」と語った。

 来日したのは米国セブンの店主約4千人が加盟する団体の幹部。幹部の一人は会合で「契約によってはクリスマスでも休めない店もある」と訴えた。

 幹部らは滞在中、コンビニ問題に詳しい識者らと、本部と加盟店の契約内容について話し合う。26日には都内で記者会見を行う予定。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る