13:30~15:00の間、緊急メンテナンスのため、つながりにくくなる場合があります。 詳細

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

北海道の小島消失、付近に浅瀬

海保が確認、領海ほぼ現状維持

 海上保安庁は24日、浸食で消失すれば日本の領海が狭まる可能性があるとされていた北海道猿払村沖約500メートルの「エサンベ鼻北小島」について、島は消失し、付近に浅瀬を確認したと発表した。同庁は消失しても浅瀬付近に別の離島などがあるため、領海はほぼ現状維持できる見込みとしている。

 同庁などによると、第1管区海上保安本部(小樽)がオホーツク沿岸にある猿払村沖を調査した結果、小島があった付近に島は存在せず、非常に水深が浅い浅瀬があった。

 「島が海面から見えなくなっている」との情報が寄せられ、1管が浸食で消失した可能性があるとして今年5月に実地調査を行っていた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 13時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る