国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

英仏独、サウジ攻撃でイラン非難

新合意へ交渉呼び掛け

 【ニューヨーク共同】英仏独3カ国首脳は23日、サウジアラビアの石油施設攻撃について共同声明を出し「イランに責任があるのは明白だ」と非難し、米国の主張に同調した。核合意についてもイランに全面履行を求めると同時に、現在の規定より長期にわたる核開発制限の枠組みやミサイル開発計画の制限を含めた新たな合意に向け交渉を始めるべきだとの考えを表明した。

 英仏独はこれまで、核合意を離脱し対イラン強硬策を進めるトランプ米政権とは距離を置いてきた。イランに同情的だった欧州の支えを失えば、イランは厳しい立場に追い込まれる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る