国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「襲ったのは1人」と中1長男

茨城家族殺傷、顔は見えず

 茨城県境町の住宅で会社員小林光則さん(48)と妻のパート従業員美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、両足や腕を切られて重傷を負った中学1年の長男(13)が「暗くて顔は見えなかったが、自分を襲ったのは1人だったと思う」と話していることが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、小林さん方から約20メートル離れた林に、スリッパが落ちていたことも判明。境署捜査本部は犯人が室内でスリッパを履き、そのまま外に出た可能性があるとみて調べている。

 小林さん方は住宅地から離れた林の中にあり、スリッパは県警の捜索中に見つかった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 15時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る