国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

地震被災の熊本市民病院が再建

災害対応機能を強化

 熊本地震で被災し、新生児を含む310人の入院患者が転院や退院を強いられた熊本市立熊本市民病院が、災害対応機能を強化して移転・再建され、記念式典が21日開かれた。10月1日に開院し、同7日から外来診療を受け付ける。

 転院後に4歳で亡くなった宮崎花梨ちゃんの母さくらさん(40)=合志市=が、遺影を抱えて見学。「亡くなった人の思いや教訓が生きている。二度と娘と同じような人を出さないでほしい。地震を経験していない人にも、なぜ再建に至ったのか伝えてくれれば」と、涙ぐみながら話した。

 新病棟は7階建てで、約2キロ離れた場所に再建された。診療科は31科。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る