国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

大蔵流狂言師、茂山千作さん死去

新しい世代の観客を掘り起こす

 おおらかで深みのある芸で活躍した大蔵流狂言師の茂山千作(しげやま・せんさく、本名正義=まさよし)さんが21日午前6時30分、膵臓がんのため京都市の病院で死去した。74歳。京都市出身。葬儀・告別式は24日午後1時から京都市左京区正往寺町457、大蓮寺で。喪主は長男茂山千五郎(しげやま・せんごろう、本名正邦=まさくに)さん。

 狂言界をリードした人間国宝の四世茂山千作さん(2013年死去)の長男で、1994年に当主名の十三世茂山千五郎を襲名。16年に五世千作を襲名し、千五郎の名を長男に引き継いだ。京都を拠点とする千五郎家の主軸を担った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る