国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

インドに日本企業の医療物流拠点

南部に来年4月、巨大市場狙う

 【ニューデリー共同】日本企業がインドの医療環境整備に向け、先進のITを活用して薬や機器の在庫、輸送を管理する物流センターを、来年4月にも南部チェンナイに設けることが21日、分かった。安倍政権が成長戦略に掲げるインドへの医療インフラ輸出が実現するのは初めて。13億人を抱える巨大市場で、日本の医療技術を普及させる足掛かりとする狙いだ。

 物流センターは、医療物流の実績がある鴻池運輸が中心となり、インド政府や現地企業の協力も得る。インドでは衛生状態の悪い医療施設が多く、院内感染も深刻だ。清潔な物品を医療機関に提供できるよう、医薬品の定温管理施設も整備する。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 8時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る