国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

切断装置通信トラブルは雨水原因

第1原発排気筒解体再開へ

 東京電力は17日、福島第1原発1、2号機の共用排気筒(高さ約120メートル)の上半分を解体する作業で発生した切断装置の通信トラブルは、装置をつり上げるクレーン先端に設置したアンテナ内部に雨水が入ったことが原因と判断したと発表した。水を防ぐカバーを設置し、早ければ18日に解体作業を再開するとしている。

 東電によると、アンテナの下部には結露水を抜くための穴があり、メーカーの取扱説明書では穴が下を向くよう示されていた。しかし実際の作業では通信状況を良くするため、穴が横を向いた状態で設置しており、雨水が入ったとみられる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る