国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

経産省、サウジ攻撃で対策本部

石油の備蓄放出を検討

 経済産業省は17日、サウジアラビアの石油施設攻撃に伴う供給不足懸念の払拭に向けて、対策本部を立ち上げたと発表した。サウジアラビアは日本にとって最大の輸入相手国のため、石油値上がりによる経済の混乱を避ける狙い。市場動向を注視し、国際機関と連携した石油備蓄の協調放出を検討する。

 欧米市場や東京商品取引所では原油先物相場が急騰している。供給不安を放置すればガソリンや灯油価格の上昇につながりかねない。菅原一秀経済産業相は17日、原油調達に支障が出ているとは聞いていないとした上で「必要があれば備蓄の協調放出を通じて、供給量をしっかりと確保していく」と強調した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る