国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

大津波予測できたか、19日判決

東電元幹部3人、東京地裁

 2011年3月の福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(79)ら旧経営陣3被告の判決が19日、東京地裁(永渕健一裁判長)で言い渡される。検察官役の指定弁護士は禁錮5年を求刑。3人はいずれも「事故は防げなかった」と無罪を主張している。

 これまでに37回開かれた公判では、主に(1)第1原発の敷地の高さ(10メートル)を超える大津波を具体的に予測できたのか(2)対策を講じていれば、事故を防ぐことは可能だったのか―が争われた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る