9:00~14:00までメンテナンス中のため、つながりにくくなる場合があります。 詳細

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

石倉三郎「恐ろしかった」

難聴を認知症と誤認される役で

 難聴と認知症をテーマにした短編映画「気づかなくてごめんね」の完成発表会が東京都内で開かれ、俳優の石倉三郎と、犬童一利監督が登場した。作品は7分23秒で、ヒアリングハラスメント・ゼロ推進委員会(中石真一路理事長)が製作。動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

 石倉が演じたのは、難聴に対する周囲の理解不足で、認知症と誤認されてしまう高齢男性。犬童監督は「難聴の方が認知症と間違われていると聞いて、衝撃的だった。教材としてではなく、見た人の感情を動かす物語にしたかった」と話した。

 石倉は「相手の話していることが雑音にしか聞こえないんですから、孤立感は深まるし、焦ってどうにかなっちゃうと思う。明日はわが身で、演じていて恐ろしかった」と撮影を振り返った。犬童監督は「石倉さんの魅力は存在感に尽きる。せりふがほぼ無い役を、表情や背中だけで演じてもらった」とたたえた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る