国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

三重でごみ燃料発電終了

高コスト、リサイクル進む

 三重県は17日、桑名市にある「三重ごみ固形燃料(RDF)発電所」での発電事業を終了した。ごみを資源に活用するとして2002年に稼働したが、高コストで累積赤字額は昨年度までに約24億円に膨らんでいた。

 リサイクルや焼却処理への切り替えが進み、RDFに加工されるごみが減ったことなども背景にあり、茨城、石川、広島、福岡の各県にあるRDF発電所も事業終了を決めている。

 三重県によると、現在12市町がごみをRDFに加工し、県が焼却、発電している。同発電所では1日240トンを焼却でき、出力は約1万2千キロワット。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る