国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

電力先物が試験上場、東商

料金の安定化期待

 東京商品取引所は17日、電気料金の将来の価格を予測して事業者間で売買する電力先物を試験上場し、取引を開始した。電力は天候によって需給が大きく変動するため価格変動のリスクが大きい。新電力などが電力先物の取引を活用して変動リスクを回避できるようになれば、消費者にとって電気料金の安定化につながることが期待される。東商取は3年間の試験上場中に取引実績を積み上げ、本上場への移行を目指す考えだ。

 電力先物は将来の電気の価格を予測した上で取引をする仕組み。電力小売りの全面自由化で増加した新電力の中には、自前で発電所を持たないケースも多い。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る