国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

NY株反落、142ドル安

原油急騰4カ月ぶり高値

 【ニューヨーク共同】週明け16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに反落し、前週末比142・70ドル安の2万7076・82ドルで取引を終えた。サウジアラビアの石油施設に対する攻撃を受け、世界経済の先行き不安から売りが優勢となった。

 ニューヨーク原油先物相場は急騰し、指標の米国産標準油種(WTI)の10月渡しが前週末比8・05ドル高の1バレル=62・90ドルと約4カ月ぶりの高値をつけた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は23・17ポイント安の8153・54。

 個別銘柄では、燃料費がかさむことが懸念された航空株の下落が目立った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る