国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

隊列トラックの拠点新設へ

新東名・新名神に3カ所

 先頭車両のみ人が運転し、後続は自動運転で追随させるトラックの「隊列走行」の実用化に向け、国土交通省が新東名、新名神両高速道路の沿線3カ所に専用物流拠点の新設を計画していることが16日、分かった。海老名南(神奈川県)、豊田(愛知県)、城陽(京都府)の各ジャンクション周辺を候補地としており、早ければ2022年度にも整備する方針だ。

 隊列走行の導入は、運転手不足の解消と物流コスト削減が狙い。政府は22年度にも、後続車を無人にするシステムを実用化し、新東名、新名神を走らせ東京―大阪を結ぶ計画。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る