国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

国後島から日本側視察団が帰港

ごみ減らし対策の具体化目指す

 日本とロシアによる北方四島での共同経済活動のうち「ごみ減らし対策」の具体化を目指し、国後島のごみ処理関連施設などを視察していた日本側の視察団が16日、北海道・根室港に戻った。団長を務めた経済産業省の上條剛環境管理推進室長は、根室港で記者団に「専門的見地からの意見交換も含め、有意義な視察だった」と述べた。

 上條氏は意見交換の具体的な内容は明らかにしなかった。

 視察団は経産省や外務省の職員のほか、ごみ処理に関わる北海道の企業関係者など計8人。根室市を8月に訪れた国後島島民らも同行し、ごみの集積場や焼却場の建設予定地などを視察した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る