国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

平安京南限の「九条大路」発見

全四辺確認、羅城門から続く塀も

 794年に遷都された平安京の南限で東西に延びていた「九条大路」の路面や側溝が京都市南区の発掘調査で見つかり、市埋蔵文化財研究所が12日発表した。九条大路を発見したのは初めて。東西や北の境界は既に発見されており、平安京の四辺が全て確認された。

 同研究所は「九条大路の位置は、平安時代の法令集『延喜式』の記述から推定した場所とほとんど誤差がなく、平安京の設計、施工の精度が高かったことがうかがえる」としている。

 九条大路のさらに南側からは羅城と呼ばれる築地塀の基底部分も見つかった。東に約630メートルにある平安京の正面玄関「羅城門」から連続しているとみられる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る