国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

ボルトン氏は「大惨事」と批判

対北朝鮮でトランプ氏

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日、国家安全保障問題担当の大統領補佐官から解任したボルトン氏に対する不満の一つとして、圧力で北朝鮮に核放棄を先行させる「リビア方式」の適用を主張したことによって北朝鮮の反発を招いたことを挙げ、北朝鮮政策における「大惨事」となったと強く批判した。ホワイトハウスで記者団に語った。

 ボルトン氏は2018年4月、北朝鮮の非核化に向けてリビア方式の重要性に言及した。リビアは核放棄後、最終的に最高指導者だったカダフィ大佐が殺害されており、北朝鮮は警戒感をあらわにした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る