国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

原発被災者の意見反映を

国際放射線防護委の勧告改定で

 国際放射線防護委員会(ICRP)は2011年の東京電力福島第1事故などを踏まえ、09年に出した原子力事故が起きた際の放射線防護に関する勧告の見直しを進めており、これを受け、東京都内で23日、市民団体などが記者会見を開いた。出席者は「福島の事故の教訓を重んじるのであれば、福島および国内で公聴会をやるべきだ」と述べ、被災者らの意見を反映するよう求めた。

 見直し対象の二つの勧告は、原子力事故直後の緊急時と、その後の復旧過程での被ばく防護策をまとめている。第1原発事故の際も日本政府が避難指示区域の設定などの参考とした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る