国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

ラグビー初代桜のジャージー展示

京都、1930年日本代表が使用

 ラグビー日本代表が初めて結成された1930年のカナダ遠征で選手が使用した初代「桜のジャージー」が23日、京都市左京区の世界遺産・下鴨神社の資料館「秀穂舎」で展示された。11月10日まで。

 現在、胸のエンブレムの桜3輪は花開いているが、初代は「つぼみ、半開き、満開」のデザイン。下鴨神社によると、これまでほかに1点見つかっているだけで、現存する初代ジャージーは珍しいという。初代の隣では、日本代表メンバーのサインが入った現在のジャージーも見られる。

 所有していた当時のメンバーの遺族から、関西ラグビー協会の坂田好弘会長に連絡があり、展示が実現した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る