国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

米ロ、中距離核巡り非難応酬

安保理、対立構図が鮮明

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は22日、米国が18日に中距離核戦力(INF)廃棄条約(2日失効)で禁じられたミサイルの発射実験に踏み切ったことを受け、公開の緊急会合を開いた。会合を要請したロシアや中国は条約を破棄した米国を批判する一方、米側は条約が規制していたミサイルを開発していたと中ロを非難。核保有国間で応酬となった。

 米国のコーエン国連代理大使は「ロシアは数年前から条約違反のミサイルシステムを開発し、既に配備した」と指摘。

 ロシアのポリャンスキー国連次席大使は、米国が条約失効の「わずか2週間後」に発射実験を実施したことを「偽善」とした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る