国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

G7、首脳宣言見送りの方向

自由貿易巡り米欧対立

 フランスが議長国として24~26日の日程で開催する先進7カ国首脳会議(G7サミット)に関し、最大の成果文書である首脳宣言の作成を見送る方向で各国と調整していることが分かった。自由貿易や温暖化対策を巡る米国と欧州各国の対立が続いており、宣言取りまとめが困難と判断したもようだ。代わりに議長国が討議を総括する案も模索されている。G7関係者が21日明らかにした。

 自由や民主主義といった価値観を共有するとされるG7の足並みの乱れが露呈した形。日本外務省によると、議長総括も含めて全体の議論をまとめる文書が発表できなければ、1975年から続くサミットで初となる。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る