国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東北新幹線、高速走行中ドア開く

清掃時コック閉めず、けが人なし

 21日午前10時15分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行きはやぶさ46号が、仙台―白石蔵王間を時速約280キロで走行中に9号車の進行方向右側のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。ドアが開いているのを確認した車掌が閉めて安全を確認。約15分後に運転を再開した。けが人はいなかった。

 JR東日本によると、ドアは約40秒間開き、緊急停止した反動で全開になった。仙台駅出発前の清掃時に、作業員がドアコックと呼ばれる手動でドアを開けるための装置を閉め忘れたのが原因だった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る