国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

研究炉の一部設備が審査漏れ

原子力機構と京大、近大で

 原子力規制委員会は21日、日本原子力研究開発機構、京都大、近畿大の研究用の原子炉で、消火設備など一部の設備が審査対象から漏れていたと明らかにした。設備は既に設置されていたが、機能面の詳細な確認がされていなかった。規制委は「安全に影響するものではない」としている。

 漏れが見つかったのは、茨城県にある原子力機構の原子炉安全性研究炉(NSRR)や、京大の二つの原子炉と近大の一つの原子炉。全て規制委の許可を得て運転を再開していた。

 規制委によると、対象は消火設備や落雷対策、放射性物質を含む水の漏えい防止設備など。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る