国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

長崎豪雨、避難指示4万人

台風5号影響で降水帯形成

 台風5号は20日、九州や中国、四国を風速15メートル以上の強風域に巻き込みながら黄海から朝鮮半島に迫った。台風周辺や太平洋高気圧から暖かく湿った空気が集中的に流れ込んだ九州北部は大雨になった。特に長崎県ではけが人が出て土砂崩れも続発。避難指示対象者は五島市などで一時、計約3万9千人に上った。

 気象庁によると、長崎沖で積乱雲が次々と発生し、帯状に連なって同地域に雨を降らせ続ける「線状降水帯」が形成されたという。

 気象庁は20日午前から午後にかけて長崎県に大雨特別警報を出した。大雨・洪水警戒レベルは5月29日の運用開始から初めて最高の5になった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る