大分合同新聞納涼花火シリーズ

武蔵会場 8月17日(土) 20:40スタート!

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東証、米中協議懸念で続落

円安基調で下値は堅く

 17日の東京株式市場は米中貿易協議の先行きへの懸念から売り注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続落した。ただ、外国為替市場で円安ドル高基調にあることから下値は堅かった。

 平均株価の終値は前日比66円07銭安の2万1469円18銭。東証株価指数(TOPIX)は1・33ポイント安の1567・41。出来高は約10億2300万株。

 米大統領が米中貿易問題について、合意までの道のりは長いと言及したことが投資家心理を冷やし、16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅反落した。17日の東京市場も売り注文が先行し、一時2万1400円を割り込んだ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 12時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る