国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

東京港に「ヒアリ」20~30匹

今季初確認、健康被害なし

 環境省は18日、東京都江東区の東京港・青海ふ頭に落ちていたわらの束から、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」20~30匹が見つかったと発表した。ヒアリは春ごろから活動が活発になるとされ、国内での確認は今シーズン初めて。男性作業員1人が刺されたが、健康被害はないという。

 環境省によると、男性作業員は14日、青海ふ頭のコンテナヤード入り口付近にわらの束が落ちているのを発見。片付ける際にアリに手を刺され、わらの束に20匹以上いるのを確認したため、アリを殺虫処分し、東京都港湾局に連絡した。都は周辺に殺虫餌を置いた。18日になっていずれもヒアリの働きアリと判明したという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時11分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る