国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

恐竜「むかわ竜」新種の可能性

北海道内初か、学会発表へ

 北海道大総合博物館の小林快次教授らの研究グループは18日、北海道むかわ町で発見されたハドロサウルス科恐竜の化石(通称むかわ竜)について、骨の特徴から新種の可能性が極めて高いと発表した。化石を収蔵する同町の穂別博物館によると、新種の恐竜化石と正式に認められれば、道内初という。

 化石は2003年、同町穂別の約7200万年前(白亜紀後期)の地層で見つかった。全身骨格では国内最大とされ、頭部から尾部までの全長約8メートル、体高約4メートルと推定されている。

 小林教授らの共同研究チームが国外の恐竜化石との比較研究を進めた結果、新種の根拠となる特徴が多数見つかった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る