国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

中小企業、広がり欠く帰宅困難策

BCP課題、大阪府北部地震1年

 多くの帰宅困難者を出し、都市型の防災課題を突き付けた大阪府北部地震は18日で発生から1年がたった。災害時の出社基準などを巡り企業側の柔軟な対応が求められる中、大阪府に約30万社あるとされる中小企業の取り組みは広がりを欠く。南海トラフ巨大地震を警戒する府は、帰宅困難者対策もにらんだ事業継続計画(BCP)策定の重要性を訴えている。

 最大震度6弱を観測した地震は、出勤時間帯を直撃。交通機関がまひし、行き場を失った人が街にあふれた。昨年8月の府の調査では、回答があった企業2319社のうち6割半に当たる1516社で災害時の出社、帰宅に関する基準や規定がなかった。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 16時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る