国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

演習場外に陸自迫撃砲落下、静岡

重さ120キロ、けが人なし

 18日午後0時5分ごろ、陸上自衛隊第1空挺団(千葉県船橋市)が空自のC1輸送機から、静岡県の陸自東富士演習場に物資を投下する訓練をした際、81ミリ迫撃砲の一式が入った箱(重さ約120キロ)を、誤って目標から南東に約5キロ離れた静岡県裾野市の山中に落とした。住宅への被害やけが人の情報はない。陸自が原因を調べている。

 陸自によると、迫撃砲の箱には落下傘が取り付けられており、開いた状態で落ちたという。火薬類は含まれていなかったが、弾薬の代わりとして砂などが入っていた。

 第1空挺団は当時、C1輸送機からさまざまな物資を演習場内に投下する訓練をしていた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る