国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

和牛受精卵の保護を強化、農水省

適切な契約促す

 農林水産省は18日、和牛の受精卵などが海外に不正流出するのを防ぐための有識者検討会を開き、受精卵や精液など「遺伝資源」の保護方法や流通管理の強化に関する論点をまとめた。「家畜人工授精所」を介した流通の徹底や、遺伝資源を販売する際、ブランド力を保つために適切な契約を結ぶ重要性を提示した。

 国や県が家畜人工授精所を定期的に立ち入り検査し、販売記録の保管を徹底させることで、トレーサビリティー(生産流通履歴)が可能との見方も示した。農水省は次回の検討会で中間取りまとめを行う。6日に自民党がまとめた対策も踏まえ、家畜改良増殖法の改正に乗り出す方針だ。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る