国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

フランス強豪クラブ会長贈賄容疑

ドーハの世界陸上招致巡り

 【パリ共同】フランス司法当局は23日までに、カタール・ドーハの世界陸上選手権招致を巡り、サッカーのフランス1部リーグの強豪クラブ、パリ・サンジェルマン(SG)のナセル・ケライフィ会長(カタール)を贈賄容疑者とする正式捜査の開始を決定した。フランスのメディアが伝えた。

 収賄容疑が持たれているのはラミン・ディアク前国際陸連会長(セネガル)と息子のパパマッサタ氏。パパマッサタ氏は、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が贈賄の疑いで正式捜査の対象となった2020年東京五輪招致疑惑でも、招致委が支払った金銭の一部を受け取った疑いを持たれている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る