国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

坂口安吾の手紙、半世紀ぶり発見

敗戦直後兄へ全集掲載3通

 新潟市出身の作家坂口安吾(1906~55年)が敗戦直後の45年9月に、敗戦の意味や戦後の新聞社の使命を記した直筆の手紙3通が見つかったことが分かった。いずれも当時新潟日報社社長だった兄に送ったもので、内容は71年出版の全集に掲載されているが、手紙は約半世紀の間、所在不明だったとされる。同社が23日、明らかにした。

 新潟日報社によると、手紙は3通とも2018年、東京の古書店がオークションで落札した。今回、同社が古書店から買い取った。今秋にも一般公開する方針だ。

 いずれも400字詰め原稿用紙2~3枚に、マス目を無視して小さな字でぎっしり書かれている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 4時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る