国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

入管での死亡前映像法廷で再生へ

カメルーン人放置死

 東日本入国管理センター(茨城県牛久市)で2014年、収容中に死亡したカメルーン国籍の男性=当時(43)=が体調不良を訴えたのに放置されたとして、遺族が国などに損害賠償を求めている訴訟で、男性が亡くなる直前の様子を記録した監視カメラ映像が24日に水戸地裁(岡田伸太裁判長)の口頭弁論で再生されることが23日、分かった。

 遺族側代理人の児玉晃一弁護士によると、映像は男性が収容されていた部屋の内部や廊下を撮ったカメラ3台分の一部。亡くなる半日ほど前から「アイムダイイング(死にそうだ)」と叫びながら床をのたうち回わる様子などが収められている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 7時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る