国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

「世界遺産の審査改革進める」

諮問機関の河野俊行会長が会見

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関で、世界文化遺産の登録可否を勧告する国際記念物遺跡会議(イコモス)の会長を務める河野俊行氏(61)が23日、所属する九州大で記者会見し「世界遺産の審査システム改革を進めている」などと現状と取り組みについて語った。

 河野氏は、遺産登録の可否を最終審査する世界遺産委員会で、イコモスの調査結果に基づく勧告を覆して登録が認められる事例が目立つことを懸念。遺産候補を推薦する国々が政治力などを駆使していることに「このまま放置すると、世界遺産全体の信頼性に関わる」と述べた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 6時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る