国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

投票法、今国会見送り公算

衆院憲法審きょう開けず

 憲法改正時の国民投票の利便性を公選法にそろえる国民投票法改正案について、今国会成立が見送られる公算が22日、大きくなった。衆院憲法審査会は同日、与野党による幹事懇談会を開催し、改正案の取り扱いを協議。だが23日に憲法審を開くことに合意できず、審議日程の確保は難しい情勢だ。

 懇談会で自民党は木曜が憲法審の定例日であることを踏まえ、23日の質疑と採決を改めて提案。立憲民主党は「国民投票でのCM規制を議論するため、枝野幸男代表を参考人招致してほしい」と主張し溝は埋まらなかった。

 立民は安倍政権下での改憲に反対しており、自民主導の改憲論議の進展を警戒している。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 23時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る