国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

大雨、土砂災害への警戒続く

北日本・東日本の太平洋側

 寒冷前線の本州通過に伴い、21日は午後も北日本から東日本の太平洋側を中心に大雨となり、場所によっては激しい雨が降った。これまでの雨で地盤が緩んでいる地域では引き続き土砂災害に注意が必要になる。

 福島県と福島地方気象台は21日午後、同県いわき市に土砂災害警戒情報を発表。一方、同日午前中に静岡県内の一部自治体に出ていた警戒情報は全て解除された。

 気象庁によると、22日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多い地域で伊豆諸島100ミリ、関東50ミリ。

 21日午後の段階で、この2日間に降った雨の量は、鹿児島県肝付町や静岡県伊豆市で400ミリを超えた。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 1時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る