国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

水戸市長「原発反対派多かった」

3選、東海第2巡り

 水戸市長に3選された高橋靖氏が22日、記者会見を開き、日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村)に関し「選挙活動をしていて、肌感覚では反対派がとても多かった。市民の声を真剣に受け止める」と述べた。水戸市は同原発の再稼働に事前同意権を持つ6市村の一つ。高橋氏は「実効性のある避難計画が策定されず、市民理解がない状況での再稼働は認めない」との立場を示している。

 高橋氏は市民意向を把握するには「客観的な数字が必要」と強調し、数万人規模の住民アンケートなどの調査を実施する考えを重ねて示した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 22時1分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る