国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

長崎平和祈念像“化粧”は隠れて

19年ぶり塗り直しへ

 長崎市は12日、原爆の爆心地近くにある平和祈念像を塗り直す前に、全体をシートで覆った。塗料が飛び散らないようにするのが目的。きれいに“化粧”を整え、元の青みがかった色になって人々の前に姿を現すのは、3月下旬になる見通しだ。

 塗り直しは19年ぶり。祈念像の表面があちこちで剥げ落ち白っぽくなってしまったため、市は被爆から75年の節目を迎える2020年に先だって塗り直すことにした。1月下旬から、作業用の足場を組む作業が始まっていた。

 足場には白いシートが結びつけられ、祈念像は完全に隠れた。作業員らは、像の姿を印刷した5メートル四方の布を掲げ、像の代わりとした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 17時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る