国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

沖縄県、防衛局に調査を要求

辺野古の投入土砂「重大な疑義」

 沖縄県は11日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに用いられる土砂について、細かな砂の含まれる割合が県への事前申請より高い可能性があるとして、防衛省沖縄防衛局に文書で調査を要求した。「土砂の性状に重大な疑義が生じている」と指摘した。

 県によると、沖縄防衛局が2013年に県へ提出した文書では、埋め立て用土砂のうち粒径0・075ミリメートルの細かな砂が占める割合を「おおむね10%前後」と記載した。土砂投入が始まった昨年12月14日の防衛局から県への通知では、業者に発注した際の細かい砂の含有率は「40%以下」としていたという。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 9時31分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る