国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

原油、一時9カ月ぶり安値

OPEC減産公表先送りで

 6日夕から7日朝までの東京商品取引所の夜間取引で、中東産原油の先物が大幅に値下がりし、指標価格は6日清算値(株価終値に相当)に比べ一時1キロリットル当たり1840円安の3万9920円と、3月中旬以来約9カ月ぶりの安値を付けた。節目の4万円を割るのは約1週間ぶり。

 石油輸出国機構(OPEC)が6日の定時総会で原油価格の押し上げを狙って協調減産を決定すると予想されていたが、結論の公表を先送りしたため減産継続に懐疑的な見方が強まった。

 先物市場では、協力関係にある非加盟国ロシアが小規模の減産を求めて水面下の調整が続いているとみられている。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 19時51分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る