国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

エクアドル大使館から退去を

大統領、アサンジ氏に決断促す

 【リオデジャネイロ共同】南米エクアドルのモレノ大統領は6日、ロンドンのエクアドル大使館に籠城中の内部告発サイト「ウィキリークス」創設者ジュリアン・アサンジ氏について「(大使館から)退去するという道が開かれている」と述べ、改めて決断を促した。地元ラジオのインタビューで語った。

 アサンジ氏はスウェーデンでの性犯罪容疑により2010年に英国で逮捕され、保釈中の12年に大使館に駆け込んだ。米公電暴露の責任を追及する米国に引き渡されることを恐れて籠城を続けている。

 モレノ氏は「命の危険がある場合、英政府は(犯罪者の)他国への引き渡しを禁じている」と強調した。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 18時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る