大分合同新聞納涼花火シリーズ

津久見会場 7月14日(日) 20:00スタート!

国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

Jヴィレッジ7年ぶりに再始動

福島、原発事故で休止以来

 東京電力福島第1原発事故の対応拠点として使われたサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)は28日、スタジアムなど主要施設の営業を再開した。中学生の記念試合が行われ、東日本大震災と原発事故で休止して以来、約7年4カ月ぶりに活気が戻った。復興のシンボルとして地元の期待が高まる。

 約5千人収容可能なスタジアムで開かれた記念式典で、福島県の内堀雅雄知事は「どんな困難も克服できるという光を国内外に発信する拠点となる」とあいさつした。その後、大震災や西日本豪雨の犠牲者を悼み、黙とう。地震が発生した午後2時46分に合わせ、地元中学生の試合がキックオフした。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 0時21分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る