国内・海外ニュース
全国と世界の「今」を深く広く

iPS心筋を年度内に移植、阪大

治療用細胞の培養開始へ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者に移植する臨床研究が大筋で承認されたことを受け、研究を実施する大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)が16日、東京都内で会見し、本年度中に1例目の移植をし、3年以内に研究の対象となる3人全員への移植を終える考えを明らかにした。近く患者に投与する細胞の培養を始める。

 チームは心臓移植に代わる治療の実現を目指してiPS心筋シートを開発した。澤教授は「ようやくスタート地点に立った。多くの心不全患者が待っており、有効な治療法にしたい」と意気込みを語った。

OPENCLOSE

速報ニュース

ニュースアクセスランキング 5時41分集計

ランキング一覧を見る

大分合同新聞ニュース絞り込み検索
記事の絞り込み検索が可能になりました!

期間選択
ジャンル選択
記事種別選択

大分県の天気

PM2.5情報
大分県の測定データ大分市の測定データ
大分合同福祉事業団
インターネットによる募金「かぼす募金」を受け付けています
ぶんぶん写真館
記者やカメラマンが撮影した写真を閲覧・購入できます。
大分合同新聞
販売店検索はこちら
お近くの販売店を今すぐ検索!
HELLO KITTY×大分合同新聞
おともだちカード
「大分合同新聞 HELLO KITTY」が大切なあなたの気持ちをお届けします。

全てのお知らせを見る

電子書籍のご案内

ページ上部へ戻る